アトピーや肌が弱い人でも安心して脱毛できます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトピーや肌弱い人でも、脱毛の施術は受けることが可能です。 特にクリニックなどで受けることの出来る医療用レーザー脱毛は、自己処理でムダ毛処理をするよりも肌へのダメージは少ないのです。 まずはカウンセリングを受けることをおすすめします。

肌が弱い方でも安心して脱毛を受けられます

アトピーの人や肌が弱い人は脱毛は受けることが出来ないと思っている人も多いと思いますが、実はそんなことはなく、とくにクリニックで受けられる医療用レーザー脱毛であれば、受けられることが多いのです。 むしろ、ムダ毛の自己処理をこの先ずっと続けていくよりも、肌への負担は軽いことは確かなので、ムダ毛に悩まされている人は今すぐに無料カウンセリングに申し込んで、脱毛が可能かどうかを確認してもらうことをおすすめします。

肌荒れが酷くて今は断られたとしても、肌の状態がよくなれば施術を受けることが出来るのです。医療用レーザー脱毛は自己処理で受ける肌ダメージよりもダメージが小さいのです。自己処理をする時間も格段に減るのでおすすめです。

肌が弱いのはどうして?

そもそも肌が弱い原因はなんでしょうか?ズバリ、肌のバリア機能の低下です。 肌のバリア機能がなぜ低下してしまうのかというと、肌が乾燥しているため です。

乾燥肌になってしまう原因はいくつかあります。例えば食生活の乱れ、ストレス、睡眠不足などもあげられます。なんらかの原因によって肌の水分が失われ、乾燥肌になってしまうと肌のバリア機能が失われます。正常にバリア機能がある肌なら、肌への刺激も跳ね返せます。ところがバリア機能が失われていると肌への攻撃をまともに受けてしまい、ちょっとした刺激でも肌が荒れたり、腫れたりしてしまいます。

アトピー性皮膚炎の原因のひとつにも乾燥肌があげられます。もちろん、遺伝や、決まった食べ物をとると症状が出てしまう、またはホコリなどが原因というようなアレルギーもあります。アトピー体質の人は病院でバッチテストなどを受けて、原因を特定することが必要です。

元々アレルギー体質ではなくてもバリア機能が失われていると、外からの刺激をまともに受けてしまい、アレルギーが出ることもあります。肌が弱い人は肌の保湿を心がけるようにすると良いでしょう。乾燥肌の改善によって、バリア機能が正常に働くようになります。

ここがポイント!
肌が弱い原因はバリア機能の低下

肌が弱い人ほど脱毛した方が良いメリット

肌が弱い人ほど、脱毛した方が良いのです。 何故かというと、自己処理で毛抜きやカミソリなどを用いて脱毛を繰り返すと、素人の処理になるので肌を傷つけてしまうことがあります。 また毛抜きやカミソリが不衛生なものを使用している場合、傷口などから雑菌やバイキンが入って、赤く腫れてしまったり膿んでしまったりすする場合もあるので注意が必要です。

脱毛をプロにしてもらえば、肌が傷ついてしまうことはまずありませんし、繰り返し脱毛をすることによって生えてこなくなるので、自己処理の回数も劇的に減って自ら肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もかなり低くすることが可能です。 また脱毛施術のときに、保湿効果があるジェルなどを使ってくれるサロンも多いので、脱毛することで敏感肌も解消できる効果が得られることも期待できます。

ここがポイント!
肌が弱い人ほど脱毛はプロに任せたほうが良い

肌が弱くてもクリニックでのレーザー脱毛はできるの?

クリニックでのレーザー脱毛ならアトピーの人でも安心

クリニックでのみ施術を受けることが出来る医療レーザー脱毛は、肌への負担はゼロではないものの、自己処理ほどの肌の負担はありません。 またクリニックでの脱毛は、医師の監修のもと受けられるので安心です。万が一、トラブルが起きた場合でも、すぐに診療してもらえます。 さらに医療レーザー脱毛を数回繰り返して受けるうちに、ムダ毛が生えてこなくなるので自己処理の回数も劇的に減ります。

医療レーザー脱毛は、エステサロンでの光脱毛よりも、多少肌が荒れていても施術を受けられることが多いので、アトピーや肌の弱い人でも比較的施術を受けやすい脱毛方法となっています。 しかし、クリニックで使用しているマシンなどによっても多少違いはあるので、アトピーや肌の弱い人は、カウンセリングの際に必ず肌のことを伝えるようにしましょう。 あまりに肌荒れが悪化していると受けられないこともあるので注意しましょう。

レーザー脱毛が出来ない肌の状態とは

レーザー脱毛が出来ない肌の状態ですが、肌荒れが酷い状態で傷がある状態は施術を受けることが出来ません。きちんと治療したり体調を整えてから施術を受けるようにしましょう。

また日焼けした肌に施術をすることは出来ません。 クリニックで使用する医療レーザーは、毛の黒い色(メラニン色素)に反応するように出来ているので、肌が日焼けで黒いと余計な熱さや痛みを感じることがあるため、施術を断られることが多いので注意しましょう。 また黒いシミやホクロなどが集中している箇所の脱毛も断られることがあります。 医療用レーザーが反応してしまうからです。

レーザー脱毛を受ける前はしっかりと睡眠を取り、生活態度をきちんとしてから施術を受けることが大切です。 アトピーで病院に行くとステロイドという薬を処方されることが多いのですが、ステロイドを使っていると脱毛施術を断られることもあります。カウンセリングの際に、ステロイドを使っていることをきちんと申告して相談しましょう。

レーザー脱毛出来ない肌の状態
  • 肌荒れがひどく、傷がある
  • 日焼けしている
  • ステロイドを湿布している

肌が弱くても本当に脱毛して大丈夫?

脱毛したら肌荒れが酷くならないの?

医療用レーザー脱毛をすると、肌荒れが酷くならないのか不安に思う人も多いと思いますが、医療用レーザーはまったく肌に対して刺激がないというわけではありませんだ、医療用レーザーのせいで肌荒れが悪化するということはまずありません。 医療用レーザーに使用されているレーザーは、肌には刺激をほとんど与えずに毛根だけにダメージを与えるという特性をもっています。

しかし、脱毛の施術直後には、肌が火照ってしまうことはあります。 肌が弱い人は火照っていることによってかゆみを感じる人もいます。 かゆみに我慢できずにかきむしってしまうと、肌の状態が悪化してしまうので注意しましょう。 火照りを冷ますには保冷剤などで冷やしてあげましょう。

肌が弱い人が脱毛するときに注意したいこと

肌が弱い人は脱毛するときに注意したい点ですが、医療用レーザー脱毛は安全な脱毛方法なのですが、肌には多少の刺激があることから、初めてレーザー脱毛をする際は様子を見る意味でも弱い出力でお願いすることが大切です。 肌が弱いということをカウンセリングの際に必ず申告するようにしましょう。

また肌の状態が悪化しないために、普段からスキンケアをきちんと行うようにしましょう。 肌が弱い人でも肌荒れが酷くなければ施術を受けることが出来ます。 通っている最中に肌荒れが悪化すると通えなくなってしまうことにも繋がりますので注意しましょう。 寝不足で過ごさない、食べ物にも注意する、ささいなことですが、肌を荒れさせないためには必要なことになります。

剛毛で敏感肌の人がしている脱毛方法

処理をしてもすぐに生えてきてしまう剛毛で敏感肌の人は、カミソリやシェーバーで自己処理をしている場合が多いです。除毛クリームは毛を溶かす成分が入っているため、敏感肌の人には向かない場合があります。また毛抜きやワックスでの脱毛は、毛を抜くときに肌に負担をかけてしまいます。

頻繁に処理の必要がある剛毛の人こそ、クリニックやサロンでの脱毛がおすすめです。医療機関で行うレーザー脱毛は、敏感肌にも対応してくれます。また脱毛サロンでも肌に弱い人に対応してくれるところを選びましょう。

脱毛後は保湿をしてしっかりとアフターケアしましょう

脱毛をしたあとは必ず保湿をすることが大切です。 肌の弱い人や敏感肌の人はとくに気をつけたいポイントです。
クリニックなどで医療用レーザー脱毛の施術を受けたあとは、ほとんどのクリニックでは何も言わなくてもきちんとアフターケアをしてくれます。 アフターケアをしてくれないクリニックは通うのを辞めましょう。

家に帰ったあとも、脱毛をしたその日は熱いお風呂には入らない、肌をこすらない、自己処理をしない、お風呂から上がったら保湿をしっかりと行うことを頭に入れておきましょう。 自己処理のあとも同じです。 必ず保湿クリームを塗るなどのケアを行っていくことが重要です。 肌が弱くない人でも脱毛後は保湿をすることを強くおすすめします。

ここがポイント!
脱毛後には保湿しましょう

肌が弱い人におすすめのクリニック&サロン

肌が弱い方におススメのクリニック

肌が弱い方におススメのクリニックは一つ目はアリシアクリニックです。 アリシアクリニックは肌が弱い人や肌のトラブル(アトピー、肌荒れ、色素沈着、ニキビ、ホクロ、シミ)を抱えた人でも、最大限の配慮をしてくれるクリニックです。 脱毛可能かどうかまずはカウンセリングを申し込むことをおすすめします。

二つ目はリゼクリニックです。リゼクリニックは事前のカウンセリングはもちろんのこと、アフターケアにも力を入れていることで有名なクリニックです。

三つ目は湘南美容外科クリニックです。大手のクリニックなので、施術数も多く料金もリーズナルブな値段で通うことが出来ます。またどこにでもあるので通い易いというメリットもあります。

メモ 肌が弱い人におすすめクリニック
  • アリシアクリニック
  • リゼクリニック
  • 湘南美容外科クリニック

肌が弱い方におススメのサロン

肌が弱い人がクリニックではなく、脱毛サロンに通う場合には、ドクターサポートがついているサロンに通うことがポイントです。クリニックの場合は万が一肌トラブルが起きたとしても、そのクリニックで受診したり治療を受けることが出来るのですが、サロンは医療機関ではないので別の皮膚科などに通う必要があります。しかし皮膚科と提携しているサロンであれば、万が一肌トラブルが起きたとしてもすぐに提携している皮膚科を紹介してもらえるので、すぐに通って治療を開始することが出来るので便利です。サロンによっては脱毛行為が原因で皮膚科にかかる場合、そのお金を保証してくれるような契約のところもありますので、万が一を考えてそのような優良サロンに通うことをおすすめします。

ドクターサポートとは、脱毛施術を受けてトラブルが起きてしまった場合、治療費や病院に通う交通費を負担してくれるシステムです。トラブルが起きることは滅多にないとはいえ、肌が弱い人はトラブルが起きてしまうことも考えられます。ドクターサポートがついていないサロンでトラブルが起きてしまっても、なにも保証してくれません。

銀座カラーは医療機関(クリニック)と提携するドクターサポートを行っています。エピレはエステティックのTBCがプロデュースしている脱毛サロンですが、同じく医療機関と提携しています。キレイモもドクターサポートがあります。

脱毛ラボにはドクターサポート全額保証があります。これは肌にトラブルが起こってしまった場合に、脱毛ラボの社員が診療に同行してくれて、診療料金を全額負担してくれるというものです。シースリーは、万が一のお肌トラブルに対して全国提携の医療サポートを実施しています。またディオーネは敏感肌専門脱毛サロンとして知られています。ディオーネのハイパースキン脱毛は、痛みや刺激が少なく敏感肌やアトピーの人にもおすすめです。

ここがポイント!
肌が弱い原因は人はドクターサポートがついているサロンを選びましょう

肌が弱い人におススメの家庭用脱毛器

肌が弱い人におススメの家庭用脱毛器ですが、照射強度は微調整できるような家庭用脱毛器がおすすめです。 照射を強くするとそれだけ肌をいためてしまう可能性が高まりますが、照射するパワーが弱すぎるとそれも脱毛効果はありません。
ですから肌荒れしない程度の丁度良い強さに微調整出来るような家庭用脱毛器を選ぶことをおすすめします。 安い値段の脱毛器だと微調整できないことが多いので、それなりの脱毛器を購入することをおすすめします。 連射機能がついている脱毛器もオススメです。

効率的に脱毛するのであれば、連射機能は必須になります。 敏感肌の人や肌が弱い人は家庭用脱毛器で自己処理する際も最新の注意を払い必要があるので、できればプロに任せたほうが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加