脱毛後に炎症させないためにケアをしっかりしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛後のお肌はとてもデリケートな状態です。しっかりと適切なケアしてあげないと、炎症を起こしてしまうこともあるので、施術後は注意事項を守り、お肌のケアをしっかりと行うようにしましょう。冷やすことと保湿することが重要です。

レーザー脱毛したら肌が炎症してしまう理由とは

レーザー脱毛の光は、黒い色に反応するという特徴があります。そのため、お肌にはほとんどダメージを与えずに、ムダ毛だけに効果を発揮することができるメリットがあります。ただ、レーザーが全くお肌に当たらないというわけではないので、施術後のお肌はいつもとは異なる刺激を受けてデリケートな状態になっています。毛に到達したレーザーの光は、熱エネルギーとなって、毛根を破壊するというのが脱毛の仕組みです。

熱エネルギーによってお肌は内側から熱を持った状態になるので、脱毛後は炎症が起きやすくなっています。レーザー脱毛することで、毛根は破壊されて確実な脱毛ができますが、お肌はトラブルを起こしやすい状態になっているということを知っておきましょう。光脱毛より出力が高いレーザー脱毛は脱毛完了までのスピードも早いのですが、お肌の炎症といったリスクがあるのです。

炎症しやすい部位とは

脱毛施術後に副作用の炎症を起こしやすい部分は、毛が太いワキなどの部位です。男性の場合は毛が濃く太いヒゲ部分は炎症のリスクが高いので気を付けないといけません。毛が太いほど、黒いのでレーザーの光が強く反応するようになります。その分、脱毛効果は高くなるのですが、作用している力が強く、熱量も増えるために炎症が起きやすくなります。

脱毛機をあてた範囲全て、または部分的に炎症を起こすことがあるのです。最近、女性の中で人気が高くなっているVIO脱毛も、毛が太いために炎症が起きやすいと言えるでしょう。このような部位を施術する際には、事前にスタッフから炎症が起きる可能性があることが伝えられます。

具体的には、お肌の赤みやかゆみといった症状で、我慢できずにかいてしまうと広がってしまうこともあります。中には腫れる場合もあります。毛穴がボツボツと目立つなど、症状は個人差があるので施術後のお肌には注意しましょう。

脱毛後におこるトラブル

色素沈着

脱毛後に、色素沈着が起きることもあります。脱毛施術後の皮膚というのは、とてもデリケートです。デリケートな状態なのに、かゆいからとお肌をかいてしまうと、刺激は強くなります。お肌は強い刺激を受けると、守るためにメラニン色素を分泌します。メラニン色素はシミなどの原因になりますが、色素沈着の原因でもあります。

日本人の黄色人種のお肌は、特に炎症の後に色素沈着を起こしやすいという特徴があります。また、施術後に紫外線を浴びると、余計に色素沈着が増してしまいます。ただでさえ、紫外線の光はメラニン色素の分泌を促進しますが、施術後のデリケートなお肌にとっては、尚更刺激が強いことになります。脱毛後に色素沈着しないように、お肌はかかないようにしましょう。

毛嚢炎

毛嚢炎はニキビのようにお肌がブツブツになる皮膚炎です。毛嚢炎はニキビと同じではありまぜんが、ニキビの一種なので似ています。毛嚢炎がなぜ起こるかというと、外部からのなんらかの刺激で発生するので、脱毛後になる可能性ももちろんあるのです。

レーザー脱毛、光脱毛の光が毛穴の細菌にも作用してバリア機能が一時的に低下、その時に皮膚表面の菌が毛穴に入ってしまい毛嚢炎ができるのです。その他にもカミソリ、毛抜きでの自己処理の方法でもおこります。毛嚢炎ができやすい箇所は、背中、わき、太もも、ふくらはぎ、デリケートゾーンです。

女性の場合には脱毛が原因ではなく生理の時にもデリケートゾーンが毛嚢炎になることもあります。毛嚢炎は、誰にでも起こりやすいとトラブルなので珍しいものではありませんが、ブツブツが酷い、痛みが強い場合には病院で相談しましょう。

炎症してしまったらどうしたらいいの?

もし、脱毛後に炎症が起きてしまったらどのように対処すればいいのでしょうか。炎症の主な症状として、皮膚が赤くなり、熱っぽくなるというものがあります。

ここがポイント!
冷やしたタオルなどをしばらく施術部位に当てるようにすると、熱が下がり、炎症を抑えることができます。

この時、保冷剤などの極端に冷たいものをお肌の上に直接置いてしまうと、今度は冷たすぎるという刺激がお肌に伝わります。

保冷剤を使う場合は、タオルなどの布に包んで、直接お肌に当たらないようにしましょう。冷やしていると、ヒリヒリした感じがなくなっていくのが実感できるでしょう。炎症が起きている間は入浴や飲酒、運動など血行が良くなることは辞めて、安静にすることが大切です。お風呂はシャワー程度で済ませましょう。

処方される薬の種類と効果

レーザー脱毛後に、お肌に塗るようにとクリニックで処方される塗り薬は、保湿剤かステイドの可能性が高いです。

  • リンデロン
  • リンデロンV
  • リンデロンVG
  • デキサンVG

といった名前のお薬であれば、全てがステロイドです。ステロイドはアトピー性皮膚炎の治療にも使われる薬で、強い抗炎症作用を持っているので、炎症による腫れや赤み、かゆみなどの症状を素早く止めることができます。

ステロイドの副作用
ステロイドには副作用があり、不安になる方も多くいます。しかし副作用は長期的にステロイドを使用した時にお肌になんらかの影響がおこる可能性があるというもので、短期の使用なら気にすることはありません。それでも、ステロイドに抵抗がある場合には、スタデルムというステロイドではない抗炎症剤が処方されることもあります。

ワセリンは皮膚の保湿目的に処方されるお薬で、ステロイドではありません。赤ちゃんでも使えるお肌に優しいもので、炎症を鎮めて、保湿をすることで、お肌への刺激を和らげる目的で処方されます。塗り方は説明書や医師の指示通りに使用し、勝手に多く塗らないようにしましょう。炎症ができても薬を塗ればほとんどの場合は改善されるので、対処法の知識があればあまり心配する必要はありません。

脱毛した後のアフターケアが大事です

脱毛の施術は、ベッドの上で寝ているだけで、すべてスタッフが行ってくれます。施術中はなにもせず受け身の姿勢でいいのですが、帰宅したら自分のアフターケアが大事になります。処方された薬は、きちんと指示通りに塗るようにしましょう。自分の判断で勝手に量を増やしたり減らしてはいけません。

炎症が出ていると感じれば、タオルで冷やすといったケアを行い、今以上皮膚の状態が悪化しないようにしましょう。アフターケアとして、保湿も大切になります。わざわざこのためにボディクリームやローション、その他の商品を買う必要はありません。日頃から使っているクリームで、しっかり保湿しましょう。新しいクリームを使ってしまうと、お肌が慣れていないので、かえってトラブルにつながってしまう可能性もあるので避けましょう。

肌を温めないように入浴を避けた方が良い期間は

脱毛の施術をした当日は、湯船に入るのは避けるようにしましょう。お肌の状態というのは、個人差があるので、避けた方がいい期間は状態に合わせる必要があります。脱毛施術の翌日になり、何もお肌に問題が無い場合は、入浴しても構いませんが、赤みが続いていたり、ヒリヒリと痛むようなことがあれば、シャワーで済ませて、湯船に入らないようにします。

もし、身体を洗う際にナイロンタオルなど硬めのものでゴシゴシ洗う癖がある場合は、タオルを使わずに手や柔らかいスポンジでやさしく洗うようにします。お肌を温めてしまうと、炎症が強くなってしまいますので、入浴の状態は、お肌を見ながら判断しましょう。スタッフから2日は湯船に入らないような説明があれば、皮膚に問題がなくても従うようにします。

化粧水やクリームでしっかり保湿しよう

脱毛後のお肌はとてもデリケートな状態なので化粧水やクリーム、乳液で、しっかりと保湿することをおすすめします。保湿することで、お肌に潤いが与えられるばかりか、バリア機能も高めることができます。乾燥しているお肌は、バリア機能が低下しているので刺激を受けやすく、脱毛の痛みも感じやすくなってしまいます。

脱毛を受けると決めたのなら、その日から施術部位を保湿することを心掛けお肌のトラブルを予防しましょう。全身脱毛を受けるのなら、全身保湿ケアをしましょう。できれば、入浴後の清潔なお肌に、化粧水やクリーム、ローションを塗るという習慣をつけるようにします。毎日継続して塗ることができ、塗り忘れの心配がなくなります。

忘れてしまうという場合は、脱衣所に保湿をするものを置いておき、身体を拭いたらすぐ塗れるような環境にしましょう。市販のものではなく、皮膚科でも保湿剤は処方してもらえるので、それを使ってもいいでしょう。

日焼けしないように紫外線対策をしっかり

脱毛期間中は、紫外線対策をしっかりとしなければいけません。レーザーの光は、黒い色に反応するので、日に焼けてお肌が黒くなってしまうと、毛とお肌の区別がつかず、火傷の危険があるので脱毛ができなくなってしまいます。せっかく入れた予約をキャンセルしなくてはならなくなってしまいます。

そこまで極端な日焼けでなくても、紫外線を浴びるとお肌は刺激を受けた状態になります。施術後のお肌は炎症を起こしやすいので、脱毛をしている間は、日焼け止めや日傘、UVカットの洋服などで、紫外線対策をしっかりとしましょう。

腕や首の後ろは、気が付かないうちに焼けていることが多い部位です。夏でも薄手のカーディガンを羽織り、ストールを巻き、帽子をかぶるなどして対策を行いましょう。毎日のケアを続けることで、紫外線対策ができ、日焼けを防ぎ、安心して脱毛できるようになります。

炎症が治まらないときは医療機関に相談しよう

脱毛の施術後に、タオルで冷やしても、処方された薬を塗っても、炎症が治まらないことがあります。保湿が足りないのかと、慌ててしまうこともあるでしょうが、もしかしたらお肌の炎症が強いのかもしれません。そのような場合は、医療機関に相談しましょう。お肌の炎症なので皮膚科、または脱毛で通っているクリニックを受診すればOKです。

いつ脱毛したのか、それからの状況を医師に説明しましょう。炎症を鎮めるお薬や、緩和させる治療を行ってくれます。自己判断で、いつか治るだろうと思っていると、色素沈着やお肌が突っ張るような感覚になる場合がありますし、痛みが長引いてしまいます。これまでの脱毛施術では問題がないのに、今回だけ炎症が強いということもあります。お肌の状態はストレスや日常生活のちょっとした変化で常に変わっているので、我慢せず医療機関を受診しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加