人気のシースリーで生理中に脱毛できない理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シースリーは全身脱毛を専門に行っている脱毛サロンです。シースリーでは生理中、デリケートゾーンを含めすべての部位が施術できないので注意しましょう。生理期間はホルモンバランスがいつもとは異なる状態なので、安全のためにシースリーでは脱毛の施術はおこなっていないのです。

シースリーでの生理中の対応

シースリー(C3)では、生理中の脱毛の施術は一切行っていません。シースリーでは、お客さんの身体のことを第一に考えているので、生理中の脱毛はお断りしているのです。しかし、せっかく脱毛予約を入れたのに生理になってしまい脱毛できないということは、スケジュールが乱れてしまいますよね。それでも、皮膚や身体の安全を優先して施術を進めて行く方針のシースリーでは、生理期間の脱毛はおこなっていないのです。

無理に生理中に脱毛をして、お客さんにお肌のトラブルが起きてしまっては、せっかくキレイになるための脱毛の施術が台無しになってしまいます。シースリーでは全員女性のスタッフなので、生理によるキャンセルの電話の際にも快く予定変更を受け入れてくれるので安心してください。

生理中に脱毛を避けた方がいいワケとは

シースリーが生理中の脱毛をおこなっていない理由は

  • 痛みを感じやすく肌荒れをおこしやすい
  • 脱毛効果が薄くなる
  • 衛生面

といったことが関係しています。

女性ホルモンの乱れ

生理期間は女性ホルモンのバランスが崩れ、お肌がいつもより敏感になっている時期です。

メモ
ホルモンのバランスが変わると、せっかく脱毛しても効果が十分に発揮できない可能性があります。また、お肌の状態もいつもより過敏になっていて、肌トラブルを起こしやすく、痛みを感じやすいという理由もあります。

生理時に脱毛すると、毛が硬くなってしまう硬毛化や、毛が増えてしまう多毛化のリスクが高まると言われています。安全に脱毛するためには、生理中の施術は避けた方がいいでしょう。デリケートゾーンは出血しているけれど、他のパーツならいいのではないかと考える人もいますが、身体の状態はどこの部位でも同じです。ホルモンという内部のものが関係しているので、部位に限らず避けた方が安全です。

衛生面

ベッドやスタッフの手、タオルが生理の血で汚れると、血液の病気の感染のリスクが上がるため、衛生面を考慮しシースリーでは生理期間の全身の脱毛をお断りしています。それにベッドに血液が付いてしまうと掃除が大変です。こういったことからも生理中の脱毛は避けた方が良いのです。

当日に生理になってしまったらどうしたらいいの?

生理周期が安定していない方の場合、予約した当日にいきなり生理になってしまうという体験もあるでしょう。予定通りにならないことって多いですよね。そのような場合はどうすればいいのでしょうか。

シースリーは予約1分前までキャンセルできる

まず、生理がきた段階ですぐにシースリーに連絡しましょう。シースリーでは予約した時間の1分前であれば、キャンセル料の違約金は一切なくキャンセルを行うことができます。連絡の方法は電話、WEBから行うことができますが、当日キャンセルは電話がおすすめです。

電話の場合、混み合っていてなかなかつながらないことがありますが、着信履歴が残ればきちんと対応してもらうことができます。他の脱毛サロンでは当日のキャンセルは生理の場合でもペナルティーがありますので、シースリーはお金かからないのでお得です。

無断キャンセルは絶対NG

生理になってしまった場合、どうせ脱毛できないので行かなくていいというのは絶対にダメです。予約した時間にシースリーのスタッフはお客様を待っています。キャンセルの連絡を入れれば、他のお客さんを空いた枠に入れることもできますが、無断でキャンセルしてしまうとベッドはあいたままの状態です。

シースリーで無断キャンセルをすると、回数パックを申し込んでいる場合は1回消化扱いになりますし、回数無制限のコースの場合には3000円の違約金が発生してしまいます。

予約した1分前までに連絡を入れれば、このようなことは一切ありませんので、生理だからといって勝手な判断で行くのをやめるのではなく、予約した店舗に連絡を必ず入れるようにしましょう。

生理でキャンセルした場合、次の予約は取れるの?

生理で予約をキャンセルした場合、別の日に予約を取り直さないといけません。脱毛サロンの予約って取りにくいと聞くし、予約を取り直すのってスムーズにできるのでしょうか。シースリーでは「どこでも予約」というオリジナルの予約方法があります。契約したお店だけでなく、どの店舗でも予約をいれることができるので予約が凄くとりやすいんですよ。

また、「いまカラ・かよエール」というキャンセル待ち機能もあり、キャンセルがでたらメールでお知らせしてくれます。シースリーにはこの2つのサービスがあるので、生理でキャンセルしても次の予約を簡単にとることができるのです。

生理が終わったらスグに施術を受けられる?

生理中の施術ができないけれども、終わったらすぐに施術ができるのでしょうか。生理は終わったと自分で思っても、少量の出血を経験した人も多いでしょう。そこで、生理が終わったと思ってもすぐには脱毛しないようにするのが安全です。出血が止まってから最低1日はあけるようにしましょう。

生理中というのはホルモンバランスがいつもとは異なる状態ですが、終わってすぐに通常に戻るというわけではありません。生理直後も女性ホルモンのバランス状態はいつもとは違うのです。そのため、光脱毛による刺激を受けやすく、いつもと同じ出力でも痛みをより強く感じる傾向があるので注意しましょう。自分の体の状態に合わせて脱毛の予約をしましょう。

VIO以外なら施術してくれてもいいじゃない?

VIOゾーンは生理の出血があるので施術ができないのは分かるけれども、せっかく予約したのだから、背中や脇、腕などの部分の施術をしてもいいのではないかと考える人もいるでしょう。確かに他の脱毛サロンやクリニックでは、VIOゾーン以外であれば生理中の脱毛を受け付けているところも多くあります。しかし、シースリーではお客さんの安全な脱毛を第一に考えています。

施術によりお肌にトラブルが起きてしまってはいけません。リスクを最小限に抑えるためにも、VIO以外の脱毛も含めて生理時期は一切の施術を行っていません。ホルモンバランスの乱れというのは、VIOゾーンだけでなく全身に影響を与えています。また、生理期間は脱毛をしても効果が弱いといったこともあります。せっかく入れた予約がもったいないと感じるかもしれませんが、キャンセルして他の日に変更しましょう。

生理を隠していたらバレる?

生理だということスタッフに伝えずナプキンを付ける、タンポンを入れておけば、バレないで施術が受けられるのではないかと考える人もいるでしょう。シースリーはvioラインを含んだ全身の脱毛のみを提供しています。脱毛施術の際には、ガウンや紙ショーツへ着替えを行い、ジェルが着てきた服に付着しないようにしてくれます。

vio脱毛では、紙製の使い捨てのパンツを着用し、ずらしながら施術をして行きますが、この際にナプキンやタンポンの紐が見えて生理なのがスタッフに気づかれてしまうでしょう。いくら少量の出血であっても、お肌の状態はデリケートになっています。また、施術ベッドに血が付いてしまうという衛生的な理由もありますので、隠して脱毛することは絶対に辞めましょう。脱毛をするのなら、生理以外の安全な時にゆったりとした気持ちで受けるようにします。

ピルを飲んでいるけど施術は可能?

低用量ピルを服用している人は意外と多いです。薬を飲んでいると脱毛できないのではないかと考える人もいますが、ほとんどの場合ピルを飲んでいても施術は可能です。ピルを飲むと女性ホルモンのバランスが変わるので、ムダ毛の量が変化する、施術の際に色素沈着を起こすということも言われていますが、それほど問題は高くありません。

それにピルを飲むと生理周期が安定しますので、脱毛の予定も組みやすくなるというメリットがあります。スタッフにピルを飲んでいることを伝えても施術を断られることはありません。ただ、その他に飲んでいる薬がある、病気の治療のためにピルを飲んでいる場合は注意が必要です。

その場合には医師に施術が可能かどうかを相談し、サロンのスタッフにも正直に飲んでいる薬や持病のことは相談しましょう。シースリーでは契約の前に無料カウンセリングを行うので、この時に聞いてきましょう。カウンセリングはサイトから予約がおこなえます。

各サロンやクリニックによって生理時の対応が違う

エステサロンによって生理中の対応は大きく変わります。脱毛サロンランキング上位の各サロンの生理時の対応をご紹介します。

サロン別、生理時の脱毛対応

「シースリー」全身不可

「キレイモ、ミュゼプラチナム、銀座カラー、ディオーネ、エピレ」VIOとお尻以外は可能

全身脱毛の契約をしていて、生理の日にデリケートゾーンとお尻以外の脱毛を受けた場合、後日VIOゾーンを施術できるサロンと受けていないVIOゾーンも1回消費になってしまうサロンがあります。また、生理の終わりかけならOK、生理終了何日後までNGなどサロンにより対応は違うので、契約する前に生理時の対応を必ずチェックしておきましょう。

生理中に施術を行っているサロンでも、いつもより自分のお肌が敏感になっていることには変わりありません。スタッフには必ず生理中であることを告げて、もし脱毛器を当てた時に痛みが強く感じる、いつもと異なる状態であれば相談するようにしましょう。無理をしないことで、身体への負担を少なくして脱毛することができます。分からないこと、不安や悩みは脱毛のプロであるスタッフに聞くようにしましょう。

月額制だと注意が必要

シースリーの月額制はローンタイプなので、生理でキャンセルしても負担はかかりませんが、月謝タイプの月額制を採用しているところでは注意が必要です。生理によるキャンセルでその月に1回も通えなくても、料金の支払いはしなければなりません。そのため、予約を入れる時は自分の生理周期を把握して予約するようにしましょう。

クリニックなら生理期間もVIO脱毛できる

生理期間だとVIOゾーンは施術不可のサロンがほとんどですが、医療レーザー脱毛をおこなっている湘南美容外科、渋谷美容外科では生理時にタンポンを入れればデリケートゾーンの脱毛もおこなうことができます。クリニックでは医師が常にいるので、生理期間に脱毛をしてもしもお肌にトラブルがあった場合でも対応してもらえるのです。

それでもシースリーがおススメの理由

生理中にVIO以外なら施術できるサロンがあれば、その方がいいという人もいるかもしれません。しかし、全身脱毛の場合であれば、後日店舗に足を運びVIOだけ施術をやり直す必要があります。VIOのためだけに施術に行くというのは面倒ですよね。また、受けていないVIOゾーンまで1回分消費されてしまうケースもあるのです。

シースリーは体の安全を優先して、脱毛の施術を一切行わないという姿勢はお客さんのことを考えているからこそです。シースリーでは、最新の脱毛機を採用しているので、全身の施術を45分という短い時間で終わらせることが可能です。また、施術を行うのは、完全個室のプライベート空間で他のお客さんを気にすることなくリラックスして脱毛できます。

他の脱毛サロンでは、完全個室の施術と言うのはあまり行われておらず、薄いカーテンで仕切られただけのところもあります。スタッフも厳しい研修を受け試験に合格したプロなので安心して脱毛を任せることができるのです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加