自己処理は危険!?VIO脱毛なら医療がオススメな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安く脱毛したいという思いで、自己処理を行うと肌にダメージを与えてしまうことがあります。とくに、デリケートな部分は、自分で行うと傷がついてしまったりします。

1番オススメなのは永久的に綺麗に脱毛することができる医療脱毛です。他にもエステサロンでの脱毛方法や、自宅でできる脱毛クリーム、テープなどのセルフ脱毛についての情報もまとめました。

VIO脱毛はクリニックがおすすめ

最近シーズンを問わず肌がスベスベで綺麗な女性が増えているのです。それは多くの女性がエステサロンやクリニックなどで脱毛施術を行っているからなのです。

現代は季節を問わずノーズリーブのワンピースや背中の開いたドレス、水着などを着る機会が多いものです。そのため夏に限らずオールシーズン、ムダ毛のない状態をキープしなければいけないのです。

特に近頃ではVIOラインも丹念に施術する女性も多くなりました。彼氏や夫に恥ずかしい思いをしたくないというのが主な理由なのです。しかしVIOライン脱毛は肌が他の箇所よりもデリケートなため慎重に施術してもらう必要があるのです。

VIOラインは皮膚が柔らかく、痛みや炎症が起こりやすい箇所でもあるのでクリニックで医師のカウンセリングを受けた上で、衛生的に施術してもらうことが大事なのです。クリニック脱毛であると脱毛器具が医療器具同様の消毒が行われており、ベッドやタオルなども清潔で安心です。

こうしたことは感染症の可能性のリスクを下げるものであり、安心して施術を受けられることになるのです。またデリケートな部分だけに肌トラブルが起こると慌ててしまうものです。しかしクリニックでは医師が迅速にケアにあたってくれるので安心して施術を受けることができるのです。

VIOラインの処理は脱毛クリームが最適

VIOラインは、誰しも少なからずムダ毛がありますし、処理せざるを得ない場所です。特に女性は、下着や水着からはみ出す恐れがあるので、結構こまめに処理しなくてはいけませんね。

剃刀で剃っているという方が多いですが、VIOラインはとても見えにくいですし、凸凹があって失敗もしやすいところでもあります。

いっそVIO脱毛をしてしまおうかと考える方も少なくないですが、やっぱり場所が場所だけになかなか人にさらけ出すのは勇気がいりますね。Vラインはともかく、IラインOラインはかなり局部の脱毛になりますので、レーザー脱毛でも結構痛みがあることも問題です。

そこでこういったアンダーヘアの処理には、クリームが最適と言えるのです。脱毛クリームというものがあるのですが、これは塗ってしばらく放置し、洗い流すだけできれいに無駄毛が抜けてしまうというものなのです。肌荒れもしませんし、剃刀のように失敗して傷つけることもなく、毛穴も目立たないように奇麗に処理できます。

レーザーのように永久に毛が生えないということはありませんが、価格も数千円なのでエステやクリニックに通うよりはかなりリーズナブルです。塗って流すだけという手軽さも魅力ですし、剃刀での処理に辟易している方にはとてもよい方法と言えるでしょう。

エステでのVIO脱毛について

VIOは、ワキや足に比べると敏感な部位でもあります。そのため、痛みを感じやすい部位です。エステでの脱毛は、フラッシュ式が主流になっていますが、できるだけ痛みが少なく、肌に負担をかけずに脱毛できるエステを選びます。

肌荒れや黒ずみがあっても照射に影響がありそうな場合には、シールを貼るなどの対処をしてもらえます。また、自己処理をやめることで、埋没毛や色素沈着などの肌状態は自然に改善傾向に向かいます。

VIOに限らず、毛には生えかわりがあります。フラッシュ照射を繰り返すことで、毛が次第に細くなり生えてこなくなる仕組みです。基本6回の施術コースが多いですが、毛質や肌の状態によっては6回では満足できないことがあります。

VIOは、不自然にならない程度に残したい人と完璧にツルツルにしたい人に別れますが、どちらも満足いくまで施術を受けたい人は、8回や12回、回数無制限を選んだほうがよいとされています。

エステによっては、追加料金なしで満足いくまで通い放題のところもあります。また、Vラインに保湿トリートメントでケアを行い、脱毛後の乾燥を防ぎ、より脱毛の効果を促すことができるサービスを行っているところもあります。

エピレのお手入れはVIOラインの脱毛にも最適

エピレで採用されている施術方法は、光を照射して、毛の製造工場にダメージを与えるというものです。光を照射する前には、コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸が配合されたジェルを塗布するので、美肌効果も大いに期待できます。

ただし、光は粘膜や、色素が沈着した肌の上には照射できません。火傷や炎症のリスクがあるからです。明るい色の肌には、負担が少ないので安心です。

エピレで使用される脱毛機器は、日本人女性の肌に合わせて開発されたもので、光を照射したときに痛みがほとんどないため、デリケートなVIOラインの脱毛にも最適です。VIOラインとは、へそ下からビキニラインにかけてのV、陰部の両脇のI、肛門周りのOの部位を指します。

このラインのアンダーヘアを処理することによって、水着になった時に毛がはみ出る心配がなくなり、清潔な状態をキープしやすくなります。

毛周期に合わせて、毛の成長期にお手入れを繰り返し行うことで、毛がだんだんと抜けやすくなり、制毛できます。個人差はありますが、約2カ月おきの、数回のケアの後には、毛がだいぶ薄くなったと実感できます。ひとたびVIOラインのケアが完了すれば、女子力がアップすること請け合いです。

VIOラインをカミソリや毛抜きで脱毛すること

夏になると女性は水着を着る機会が増えるものです。また最近ではスポーツジムなどでプールに入る必要性があることから、水着を季節に問わず着る機会が増えているのです。そこで問題になってくるのが、アンダーヘアやVIOラインのムダ毛の問題です。

こうした箇所のムダ毛がビキニラインからはみ出していると、女性としての人間性を疑われてしまうのです。そのため多くの女性が入浴時にカミソリや毛抜きを用いてVIOラインの脱毛を試みるのです。

しかしこうした自己処理は肌荒れや出血、カミソリ負けなどを頻繁に起こすことになり、悲惨な肌になってしまうのです。そのためVIOラインの脱毛は脱毛のプロであるエステサロンや皮膚科にお願いすることを検討したほうが賢明なのです。

エステサロンではレーザー照射によって肌にほとんど負荷をかけずに綺麗にムダ毛を抜くことができるのです。また施術時に美容効果の高いジェルやローションを用いて光照射してくれるので、ムダ毛処理と同時にツルツルでピカピカの肌を手に入れることができるのです。

皮膚科では医療脱毛と言って同じくレーザー照射によって毛母体を焼ききり、半永久的にムダ毛の生えない永久脱毛を実現することができるのです。

家庭用脱毛器のケノンでVIOの処理はできる?

現在では、エステサロンでもVIO脱毛はポピュラーな施術となっていますが、やっぱり他人に陰部を見られるのは恥ずかしいものです。

とはいえ、カミソリなどの自己処理方法は肌への負担も小さくないので、できるだけ安全な方法で処理すべきです。そんなときの心強い味方といえば家庭用脱毛器ですが、中でもネットの口コミなどで高い評価を受けているのが『ケノン』です。

手軽にエステのような光脱毛ができると評判のこの製品は、肌への負担が小さいのが特徴なのでデリケートなビキニラインのムダ毛処理に適しています。

また、ケノンには10段階の出力調節機能が付いており、頑固なムダ毛に適したワンショット(強め光の照射1回)と肌に優しい連射ショット(弱い光を連続で照射)の2つの照射方式を使い分けられるので、肌の状態に合わせて細かく出力調整しながらムダ毛処理ができるのも魅力です。

ただし、ケノンはムダ毛のメラニン色素に反応する特殊な光を使用しているので、色素沈着による黒ずみが多い箇所への利用は推奨されていません。このため、色素沈着が多めでデリケートなIラインとOラインへの使用は自己責任が原則となっています。

とはいえ、色素沈着の程度や肌の強さは個人差があり、インターネットの口コミではVIO脱毛に成功したという書き込みも数多く見られるので、どうしてもVIOに利用したいという方は自己責任で挑戦してみてもよいでしょう。

なお、VIOにケノンを利用する際には、まず出力を最低にして肌に優しい6連射で照射してみて大丈夫ならば徐々に出力を上げていくなど細心の注意を払って行なうことをお勧めします。

サロンで人気の脱毛、VIOについて

VIOラインを脱毛したいけれど、少し恥ずかしいと思っている女性も多いでしょう。どんな方法で施術するのか、わからないことがありすぎて、なかなかその一歩が踏み出せない女性が多いようです。

もっとカジュアルに考えて、脱毛しませんか。今では、たくさんの女性が、VIOのためにサロンに通っています。いきなり脱毛したいと言い出すのが恥ずかしいなら、まずは、クーポンやキャンペーンを利用して始めてみませんか。サロンのキャンペーンは脱毛を始める良いきっかけ作りになっておすすめです。

デリケートな部位だから、痛みがないか、下着をつけて始めるのかなど、不安な点がたくさんあるでしょう。サロン側も、お客様がリラックスをして過ごしていただけるように工夫しています。

どんな風なのか、事前にしっかり確認しておきましょう。書き出しておくのも聞き漏らさないために必要です。一つ一つ確認して、不安な点を解消してからスタートさせましょう。

VIOゾーンはワキや足のように普段は人に見せない部位です。人に見せないけれど、ムダ毛を処理して清潔に保ちたい部位でもあります。脇のように人気なので、あまり深く考えずに、サロンで気軽に脱毛を受けてみませんか。

ソイエでVIOラインの脱毛

VIOの脱毛はしたいけれど、人に見られるのは恥ずかしい部位でもあるので、できることなら、自分で処理したいものです。近頃は、家庭用脱毛機の性能も良くなっているので、セルフでも十分に美しく処理することができます。その中でも、一般的に知名度の高いのが、ソイエではないでしょうか。

ソイエは、足や腕、ヘッドを交換することによって顔やビキニラインなどのムダ毛処理が出来る優れた脱毛器です。

VIOにおいては、Vラインは比較的簡単に行えますが、IラインとOラインは、粘膜に近い部分が多く、表面積も小さいため、処理が難しくなります。また、痛みもあるので、デリケートなIラインやOラインには向いていません。

そのため、ソイエでVIO脱毛を行う場合は、Vラインのみを行い、IラインとOラインは、シェーバーや毛抜きで処理するのが無難でしょう。また、ブラジリアンワックスも、VIOをきれいに処理することができます。鏡を置いて、位置をしっかりと確認しながら、少しずつ処理していくのが鉄則です。

自己処理でできることは限られているので、スベスベの仕上がりにこだわる人は、脱毛サロンやクリニックに行き、施術してもらうのがベストでしょう。

テープを使ってセルフでVIO脱毛

VIOラインと呼ばれる、デリケートゾーンのムダ毛を処理することは、女性のエチケットとなりつつあります。人に見せるのがためらわれる部位ですが、脱毛サロンやクリニックでも、ワキに次いで人気の部位だと言われています。しかし、他人に施術してもらうのには抵抗があるという人には、家でもできる様々な脱毛法があります。

最もポピュラーな方法としては、カミソリや毛抜きが挙げられますが、かぶれやかゆみを引き起こし、色素沈着の原因となることもあるので、あまり推奨できる方法ではありません。それよりも優れた方法として、テープを使った脱毛方法があります。

乾いた肌にテープを張り付け、毛の流れに逆らってバリッとはがすだけで、ムダ毛がきれいに処理できます。ムダ毛と一緒に、古い角質も取れるので、仕上がりもツルツルになります。

また、光脱毛やレーザー脱毛は、粘膜に使用することはできませんが、テープならVIOラインのどこにでも使用することができます。処理をする前に、毛の長さを5ミリから1センチに揃えておくと、より上手く処理することができます。

VIOラインの肌はデリケートなので、一度に広範囲を処理するのではなく、テープを小さく切って、少しずつ処理するのがベストです。

VIO脱毛はレーザーとヒカリどちらが適しているか

近年、男女ともに脱毛を受ける方が増えています。施術は主にエステサロンと美容クリニックの2か所で受けられます。エステサロンではヒカリ脱毛という方法で施術が受けられます。

一方美容クリニックではレーザーが採用されています。どちらも処理したい部位に照射して、毛根にダメージを与えます。方法は似ていますが、異なる点もたくさんあります。

効果で言うとレーザーがオススメです。レーザーの場合は永久に生えてこなくなる可能性が高いからです。しかしVIO脱毛を受ける場合、痛みを伴い場合が多いです。

もしVIOを処理したいのであれば、永久に生えてこなくなる可能性は低いですが、ヒカリだったら威力は弱めですが、肌に優しく痛みもそこまで大きくありません。最近ではVIOなどデリケートな部分はヒカリ、その他はレーザーというような形で分けて受ける方も多いです。

施術を受けた後はその日の入浴はシャワーのみにして、クールダウンと保湿を十分に行ってください。照射された肌は火照っていて、炎症を起こしてしまっている可能性もあります。

また冷やすことで毛穴を閉じさせることができるので、ばい菌が入らないように予防もできます。また保湿は乾燥から肌を守るだけでなく、脱毛効果と長持ちさせることもできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加