医療脱毛が完了する平均回数・目安は?皮膚科レーザー脱毛がスゴイ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛は、毛の周期に合わせて何度も通うことで、ムダ毛が徐々に薄くなっていきます。医療脱毛はサロンの脱毛と違い永久脱毛することも可能です。

医療脱毛で永久にムダ毛を生えなくするには一体どのくらいの回数クリニックに通えばいいのか、普通は一回目でどれだけ効果があるのかをまとめました。

8回程の施術回数で効果を感じやすい「医療脱毛」

美容皮膚科や美容外科といった、美容系のクリニックでは、様々な施術が行われています。その中の1つとし挙げられるのが、「医療脱毛」です。今、医療脱毛はレーザーを使用した方法が、ポピュラーに行われています。

レーザー脱毛は肌への負担が少なく、また従来行われていた電気を使う医療脱毛より、痛みが少ないそして少ない施術回数でも脱毛効果を感じやすい、リスクが少ないとして人気を集めています。

レーザー脱毛は毛根から無駄毛が抜けるので、毛穴が引き締まりキレイに無駄毛を処理できるだけでなく、施術を繰り返し行う事により、永久脱毛の効果がある点が魅力です。永久脱毛と呼べるのは実は医療脱毛だけなんですよ。

1回の施術では、永久脱毛の効果は発揮されませんが、2回・3回それ以上と回数を重ねるごと、徐々にムダ毛が生えなくなっているのを実感できるでしょう。では、医療脱毛はどのくらい施術を受ければ満足の行く脱毛効果が得られるのかというと、平均すると約8回程度と言われています。

ここがポイント!
毛量や毛質、肌質は個人により大きく変わる為、必ずこの回数で脱毛効果を実感できるという訳ではありません。ですが、多くの方が8回目安の施術で、しっかり脱毛効果を感じるようです。

無駄毛が濃いのが悩みという方は、サロンの光脱毛ではなく施術回数が少ないレーザーでの医療脱毛を検討してみましょう。

サロンよりクリニックの方が価格は高額ですが、トータルで考えると安くすませれる!という声も多くあるんですよ。もちろん8回以上脱毛をすることもできますので、自分の毛の様子を見て回数を決めれば平気です。

まずはサイトや電話で予約をして無料のカウンセリングを受けてみることをオススメします。実際の契約はカウンセリング後にするので、様々な疑問、不安を解決させてからにしましょう。クリニックによっては照射体験をしてくれるところもあります。

一回目で実感出来なくても医療脱毛は継続が必要

初めての脱毛は経験がない事で不安はありますし、十分な結果が得られなければ中断される事も考えられます。医療脱毛は継続が大切ですから、一回目では満足出来るとは限らないので、計画した回数通りに脱毛を繰り返す事が必要です。

一回目は状態を見ながら脱毛を行うので、医療脱毛は安全を確保しながら進めますから、効果を発揮するのは一回目以降になります。焦らない事が医療脱毛の受け方ですから、肌を晒す予定がある場合は早めに脱毛を受ける事が重要です。

回数を考えて計画的な医療脱毛を行えば、段階的に毛の状態が変化しますし、医療脱毛が安全な脱毛方法ですから、全身の毛の悩みに対応出来る事が魅力になります。もちろんハイジニーナも対応出来ます。安全安心な脱毛方法として選ばれますし、病院なので医療の専門家である医師、経験のあるスタッフが自信と責任を持って行い、効果を実感して想像以上の満足が得られます。

一回目で急な変化と効果を実感した場合は、肌にダメージが与えられた可能性があるので、決めた回数で継続を行う場合は肌の状態に注意を行い、問題は発生せず安全が確認されてから医療脱毛を繰り返し受ける事が大切です。

一定額の費用は必要ですが、必要な金額には個人差がありますし、少なくても一回目で全ての脱毛が完了する可能性は低いです。何回も通うという覚悟は必要です。

 

医療脱毛の種類と施術の期間、回数、痛み

医療脱毛は、美容クリニックや皮膚科医院などの医療資格のある人がいるところでしか行えない脱毛方法です。医療脱毛には概ね2種類の方法があります。

その2つの方法とは医療レーザー脱毛と昔からある針脱毛(ニードル)です。現在はレーザー脱毛が主流で一番おこなわれています。

レーザー脱毛の痛みと回数

医療レーザー脱毛は、レーザー光線を脱毛したい部位に照射して、その時の発熱によって毛根及びその周辺の細胞を働かないようにする脱毛法です。医療脱毛で施術する時は、発熱によって施術の際に多少痛いと感じてしまう方がいるのは事実ですが、ほとんどの人が我慢できるといわれています。例えるなら輪ゴムでパチンと肌をはじいたような痛みです。

医療脱毛の施術の際の痛みは回数を重ねていくと慣れてはきますが、どうしても我慢できない人は麻酔を使用してくれるクリニックもあります。部位によって感じ方は違いますが、痛くない箇所もあります。痛みに弱くて耐えられない場合には、スタッフに伝えるとパワーを落としてもらえますので相談してみましょう。

施術期間や回数は、脱毛部位の毛周期にもよりますが、大体1.5年前後の期間内に6回から10回程度行います。

針脱毛の痛みと回数

医療脱毛の針脱毛は、針の先端から高周波を発生させる電気針を使う脱毛法で、一本の毛の毛根に針を差し入れ、通電し、その時の発熱で細胞を無力化するというやり方をします。通電して発熱した時の痛みは、医療レーザー脱毛より強いので、痛くて耐えらえなくて途中でやめてしまう人もいます。最近では局所麻酔して施術を受けられるので安心といわれています。

施術期間、回数は原理的に同じ医療レーザー脱毛とほとんど同じです。しかし、施術時間は、医療レーザー脱毛が比較的短時間なのに比べて、針脱毛は、毛の一本一本を処理する関係で時間がかかり、また料金も高額です。

少ない施術料と回数で効果のある医療脱毛

腕、脚、わき、背中、ビキニラインやデリケートゾーン、顔の産毛などむだ毛が気になる箇所は身体中にあります。自宅で毎日ケアをするのは非常に大変で、VIOや背中のように見えない箇所や手が届かない部分は特に自分で上手に処理するのは困難です。

きちんと処理するためにはプロによる施術を受けるのが一番確実ですが、エステサロンは施術料が高い、安全性が心配という意見も聞きます。そこで注目したいのが医療脱毛です。

医療脱毛は医療機関だけに認められている医療行為です。資格を持った専門家やスタッフが決められた回数で施術を行い、使用する機器は厚生労働省の認可を受けているので安全性が保証されています。お肌の状態を医師がしっかりチェックしてくれるのも嬉しいですね。

光脱毛やフラッシュ脱毛などの技法を使う従来のエステサロンと違い、高出力のレーザーで毛の生える元をしっかり破壊するので効果が高く、根本的な脱毛ができます。

医療脱毛は最初の施術で処理できる範囲が広いので、通う回数が少なめです。そのため施術料も何回も通わないとならないエステ脱毛に比べて低くて済むので、忙しくて時間のない人やお金が心配な人でも便利に利用することができます。早く脱毛が完了してツルツルのお肌が手に入るので助かりますね。

痛みも少なく、医療機関なのでアフターケアもしっかりしていて美肌効果も期待できます。むだ毛のことで悩んでいるなら医療脱毛を検討してみましょう。医療脱毛では気になる部位のみ脱毛するコース、全身脱毛のコースなどいくつかプランがあります。

部位別!医療脱毛で完了できる回数の目安

うなじ・襟足

毛量が通常場合、医療脱毛の目安の回数は6回。毛深い場合は8回前後。普段は自分で見えない部位なので、自己処理できず、そのままにしている人が多い部位だと思います。しかし、浴衣を着るときやアップヘアにした時などに、他人の目につきやすく目立ってしまいます。うなじをお手入れすると後ろ姿まで更に女性らしくなります。

口周り・鼻下・頬

毛量が通常場合、医療脱毛の目安の回数は8回。毛深い場合は10回前後。顔は、皮膚が薄いので自己処理をするのはとても危険です。顔のムダ毛はほとんどの場合が産毛なので脱毛効果を実感できるのは、他の部位に比べると時間がかかってしまいます。

人によっては、口周りや鼻下にムダ毛があると肌がくすんで見えてしまい、女性でもひげが生えているように見えてしまうこともあります。

医療脱毛の施術を受けて頬の産毛がなくなると、毛穴が引き締まったり、ニキビができにくくなったりなど美肌効果にも期待できるのです。

毛量が通常場合、医療脱毛の目安の回数は5回。毛深い場合は8回前後。まず脱毛をしたいと最初に考える場所が脇だと思います。薄着の季節や水着を着た時にとても目立つ場所でもあり、自己処理を続けていると肌トラブルも起こりやすい箇所です。脇は、毛が濃く範囲が狭くレーザーの光が反応しやすいため、脱毛効果を実感しやすい箇所です。

二の腕・ひじ上(手の甲)・指

毛量が通常場合、医療脱毛の目安の回数は6回。毛深い場合は8回前後。薄着の季節だけではなく、特に手の甲~指は一年中露出している箇所です。特にデスクワークの人はキーボード入力をする時など、自分でも他人からでも目に入る箇所なのでムダ毛があると目立ってしまい、指のムダ毛があるだけで女性らしさが減少してしまいます。

膝上(太もも)・膝下(すね)

毛量が通常場合、医療脱毛の目安の回数は6回。毛深い場合は8回前後。女性にとって脚の無駄毛処理は欠かせないケアとなっています。スカートやショートパンツなど、肌を出すファッションをする方はもちろん、肌を露出しない場合でも女性ならいつも無駄毛の無い綺麗な状態をキープしたいものです。

足が毛深いから嫌だ!ズボンで隠したい!と思っている女性は実はたくさんいます。脱毛サロンや医療脱毛を受けずに手軽さというメリットからカミソリで無駄毛を除毛している方も多いようですが、カミソリで回数を重ねた自己処理は肌を傷める原因となるので、あまりおすすめできません。

それにすぐに生えてきてしまうので、頻繁に自己処理しないいけないのでめんどくさいですよね。特に脚の場合、回数を重ねた自己処理により毛穴が開いたり「埋没毛」などの、トラブルを起こしやすい為自己処理にはかなり注意が必要です。

いつも綺麗な肌の状態を維持したい部分は、医療脱毛で回数を重ねて施術を受ける事がおすすめです。現在、医療脱毛はレーザーでの施術がポピュラーに行われています。レーザーでの医療脱毛は黒い色にレーザーを反応させ、そのレーザーの熱で無駄毛を処理するという脱毛法です。

毛根から無駄毛が抜けるという事もあり、毛穴が開くという心配はありません。また毛根にある組織自体を破壊し、無駄毛を脱毛するので埋没毛も起こらず、また永久脱毛の効果も期待出来ます。レーザー脱毛で脚の無駄毛を脱毛する場合、ある一定の回数、施術を受ける必要があります。

脚の場合、平均5回から7回程度の回数で、カミソリなどを使用しなくても良いくらいに無駄毛が無くなるケースが多いようです。

vio(デリケートゾーン)

vioは、形を自然に残す場合とハイジーナ(無毛)にする場合で回数が異なります。形を自然に残す場合、医療脱毛の目安の回数は3回。ハイジーナ(無毛)にする場合は、8回前後。vioは、見た目がキレイになるのはもちろん、暑い季節のムレや生理の時の不快感がなくなるなど、清潔を保てるので衛生的にも良いです。

最近では、脇と並ぶくらい人気のパーツとなっています。医療脱毛で形を自然に残す場合なら、少ない回数で完了できるのであまり時間もかかりません。vioは施術をする際に「恥ずかしい」と考えてしまう方もいると思いますが、施術中は顔にタオルをかけてくれるので安心して施術が受けられます。

医療脱毛のメニューについて

医療脱毛の人気クリニックランキング一覧を見ると、湘南美容外科、アリシアクリニック、リゼクリニック、レジーナクリニック、フェミークリニックなどの名前が上がっています。クリニックにより脱毛メニュー・コース・回数等内容は異なりますが、ワキ、足、腕、VIOなど気になる部位をチョイスするか全身脱毛コースにするか、自分で決められます。

また、脱毛回数も選べますし、その回数でたりない場合は追加もできるので安心です。脱毛し放題プラン、キャンペーンをおこなっているクリニックもあるので公式サイトをチェックしてみてくださいね。

効率よく医療脱毛を受ける周期について

医療脱毛の効果を最大限に高めよう

より医療脱毛の効果を高めるには、毛の周期に合わせて施術を受けることが大切です。毛の周期には、成長期、退行期、休止期があり、このサイクルを繰り返しています。目に見えている毛が全てではなく、実は肌の中にある毛もあるのです。医療脱毛の脱毛効果があるのは、成長期の毛根のみです。

メラニン色素の少ない退行期やメラニン色素のない休止期の毛根には効果が見込めないからです。部位によって毛の周期のサイクルが違うため、脱毛したい部位に合わせて回数を重ね、医療脱毛の施術を受けることになります。平均して2ヶ月から3ヶ月に1度施術を受けることになり、1年から2年程度の期間が必要になります。

施術を受ける間隔を短くしても成長期の毛根でなければ、レーザーを照射しても効果が見込めないため、毛の周期に合わせて施術をすることが高い脱毛効果へとつながります。また、毛の色が濃い人や剛毛の人は、レーザー照射しても熱エネルギーが分散してしまい、すべての毛根を破壊することができないため、回数が増えます。

医療脱毛は日焼けや生理中は受けられないこともある

日焼けをしたり毛抜きを使ったりと肌の状態が悪くなると、レーザーを照射しても思うような脱毛効果が得られなくなります。

特に日焼けをしていると、肌のメラニン色素に医療脱毛で使用する機器のレーザーが反応してしまい、火傷してしまう可能性もあるため、肌の状態が落ち着くまで施術が受けられなくなり、せっかく入れた予約が当日キャンセルになってしまうと、回数が消化されてしまったりしますので、夏場の日焼けには注意しないとならないのです。また、デリケートゾーンは生理だとうけられないので、生理周期を外して予約する必要もあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加